【音楽×英語】休符や付点・複付点のある音符は、英語で何と言う?

以前、こちらの記事で↓

【音楽×英語】全音符・2分音符・4分音符・8分音符・16分音符…英語で何と言う?

全音符や2分音符、4分音符、8分音符……という基本の音符の英語表現を、アメリカ英語とイギリス英語の違いも交えて紹介しました。

今日は、それをさらに拡張していきます!

いろいろな「音符」と「休符」を英語でいうと

音符にはいろいろな種類がありますが、少なくとも初中級レベルで出てくる音符は、

  • 点があるかないか(付点、複付点)
  • その音の長さは1小節を何分割したものか(2分、4分)
  • 音符か、休符か

この3つの要素を組み合わせたものだと思います。

音符の名前の3つの要素(日本語)

音符の名前に出てくる3つの要素を表にまとめると、

点の有無音の長さ種類
(点なし)
付点
複付点

2分
4分
8分
16分
32分
音符
休符
音符の名前を構成する3つの要素

「(点なし)」+「全」+「音符」= 全音符。

「付点」+「4分」+「休符」= 付点4分休符。

「複付点」+「8分」+「音符」= 複付点8分音符。

こんな感じで組み合わせていきますよね。

これは、英語でもまったく同じです!


音符の名前の3つの要素(英語)

上の表を英語に置き換えると、

点の有無音の長さ種類
– (なし)
dotted(付点)
double dotted(複付点)
whole(全)
half(2分)
quarter(4分)
eighth(8分)
sixteenth(16分)
thirty-second(32分)
note(音符)
rest(休符)
いろんな種類の音符を英語で言うと

“-” + “whole” + “note” = whole note(全音符)。

“dotted” + “quarter” + “rest” = dotted quarter rest(付点4分休符)。

“double dotted” + “eighth” + “note” = double dotted eighth note(複付点8分音符)。

こんな感じになります!

ちなみに “dot(ドット)”っていうのは、「.」のことです。「.com」を「ドットコム」って読みますよね?アレです。

で、これがそのまま「ドットを付ける」という動詞になって、「ドットを付けられた(=付点)」で “dotted” になるんですね。

「休符」も「take a rest(休憩する、一休みする)」でおなじみの “rest” だし、音符の英語表現は結構ストレートで分かりやすい!

……ですが、英語の方が面倒くさいケースもあります。

というわけで次回は、音楽に関する英語表現の中でも覚えにくいものを紹介しますね!