【音楽×英語】3連符、4連符、5連符……12連符までを英語で言うと?

これらの記事の続きです↓

【音楽×英語】全音符・2分音符・4分音符・8分音符・16分音符…英語で何と言う?

【音楽×英語】休符や付点・複付点のある音符、英語で何と言う?

今回は、「連符」の英語表現について学んでいきます!

「連符」は英語で何と言う?

まず、「連符」は英語で “tuplet” と言います。

じゃあ最近の私が力を入れて練習していた「連符」は、three tuplets…?

ではなく、”triplet”。

ここでの数の付け方は、「ワン(1)、ツー(2)、スリー(3)」ではなく、二分音符・四分音符のような「ハーフ(1/2)、クオーター(1/4)」でもない。

フィギュアスケートのジャンプなどでよく聞く「ダブル(×2)、トリプル(×3)、クアドラプル(×4)」の系統ですね。

つまり、ラテン語系。

ということは、覚えるのが大変です!!


連符、2連符、3連符、……12連符の英語表現は?

というわけで12連符までの英語表現を表にまとめると、

日本語英語
連符tuplet
2連符duplet
3連符triplet
4連符quadruplet
5連符quintuplet
6連符sextuplet
7連符septuplet
8連符octuplet
9連符nonuplet
10連符decuplet
11連符group of eleven notes (undecuplet)
12連符group of twelve notes (dodecuplet)
連符を英語で言うと?(2連符、3連符、…12連符まで)

11連符以降は、昔は “undecuplet” や “dodecuplet” のような専用の単語があったようですが、今では「group of eleven (11) notes」=「11個の音符の集まり」というように表現するのが普通とのこと。

うん、それのほうが分かりやすくて良いと思う!

というか個人的には、5連符以上は全部「group of ~」にして欲しいわ!(笑)